YUKASUGIHARA

YUKASUGIHARA

杉原由佳

  • メディア営業本部
  • 教育人間科学部
  • 2016年新卒入社。神奈川県出身。
  • 現在、大学から始めた趣味のよさこいチームを立ち上げ、仲間と楽しんでいる。

QUESTION_01

現在の仕事内容を教えてください。

転職サイト【type】【女の転職type】に掲載する求人広告や転職フェアを提案する法人営業を担当しています。アパレル、コスメ、IT、WEB、不動産、保育園など業界問わず約150社を担当。企業の経営者や人事担当者に採用ニーズをヒアリングし、課題解決に繋がるプランをご提案します。掲載後は応募数やPV数を毎日チェックして分析し、採用成功に向けて日々改善に努めています。

QUESTION_02

ご自身の性格と、人生において
大切にしていること(信条・こだわり等)を教えてください。

YESかNOか、はっきりさせる。

私には、昔から泣き虫で両親の手を焼かせる2歳年下の弟がいます。姉である私は物心ついた時から「良い子」でいようと常に我慢して、自分の意見はできるだけ言わないようにしていました。しかし年を重ねるにつれ、自分が意見を言えないと苦労したり、不利になったりするケースが多いことに気付き、今はどんな場面でも、自分が思っていることははっきりと言葉にするよう意識しています。仕事においても、YesかNoかを明確にすることで、コミュニケーションがスムーズになり、仕事を円滑に進めることができています。

QUESTION_03

CDCで働く中で、夢中になったこと、
印象に残っているエピソードを教えてください。

自分の提案で、企業の課題が解決できた喜び。

お客様の課題解決のために考えた提案が成果につながった時は、この上ない喜びを感じます。
化粧品を製造する工場を経営する茨城県のある企業を担当した時のこと。募集する職種は工場の製造ラインのスタッフ、いわゆる「単純作業」のポジション。給与もあまり高くなく、他の転職サイトでも採用に苦戦していました。工場勤務というと男性のイメージが強いですが、私は残業が少ない点と扱う製品の軽さから「女性採用に切り替えませんか」と【女の転職type】への掲載を提案。すると、先方も「確かに、女性だったら採用できるかもしれない」と頷き、ご発注を頂きました。結果、応募が想定以上に集まり、「地元茨城で長く働きたい」という優秀な女性の採用に成功しました。また、この結果が高く評価され、別のポジションの採用もお手伝いさせて頂くことに。取材のため再度工場に訪問すると、【女の転職type】経由で入社した方がイキイキと活躍している姿を見ることができました。自分の提案で企業や求職者の将来をより良いものにできるこの仕事を、誇りに思えた出来事でした。

QUESTION_04

今後の目標を教えてください。

多くの人がピッタリの仕事に巡りあい、働くことを楽しんでほしい。

私の目標は「もったいない人材」をなくし、多くの人が働くことが楽しいと思える世の中にすることです。日本は仕事が原因で気分が憂鬱になってしまう人が多いと感じています。私はもっと多くの人に働くことを楽しんでほしいので、そのために色々な企業の求人を世に出していきたいです。そして、様々な人が自分にピッタリの仕事に巡りあってほしいと思います。

PRIVATE_SHOT

プライベートでの過ごし方を教えてください。

プライベートでの過ごし方を教えてください。

2018年、よさこいのチームを立ち上げ、チームを運営する代表として踊りの指導をしています。年に10回くらい高知・能登・北海道と日本各国でお祭りに出て踊っています。