YOHIRAYAMA

YOHIRAYAMA

平山陽

  • メディア営業本部
  • 情報コミュニケーション学部
  • 2013年新卒入社
  • 神奈川県出身
  • 学生時代はダンスに全力を注ぐ。

QUESTION_01

現在の仕事内容を教えてください。

転職サイト【type】【女の転職type】や転職イベント等の自社サービスを用いて、顧客の採用活動のお手伝いをする部署に所属しています。
現在の仕事内容は神奈川県を担当するベイエリアの部長として、神奈川県の企業に【type】を根付かせること。組織・メンバーマネジメントを行いながら、常に+αの業務を意識して、長期的な視点で組織活性化に向けて日々活動しています。必要に応じて自らプレイヤーとして営業活動も行っています。

QUESTION_02

ご自身の性格と、人生において
大切にしていること(信条・こだわり等)を教えてください。

メンタルの弱さを克服するため、自分自身に問い続ける。

今思うと、幼少期からメンタルが弱く、人とのいざこざがある度に落ち込むような子供でした。小学1年生の時、「忘れ物大魔王」と先生に帰りの会で言われて、泣きそうになったことを今でも覚えています(笑)。
人から笑われることが怖くなったり、自分のメンタルを保つために、「なぜそんな感情が芽生えるのか」「どうすれば楽になるのか」と、自分自身に問いかけることが小学生の時からの習慣になっています。人の目を気にする、気にしない、その両軸を持ちながらブレないメンタルを鍛えています。

QUESTION_03

CDCで働く中で、夢中になったこと、
印象に残っているエピソードを教えてください。

対等な立場でお客様と向き合う。

入社1年目、あるお客様へ採用プランをプレゼンしに訪問した時のことです。私はとにかく受注したくて、提案したのは最も手頃な低価格のプラン。しかし、お客様から激怒され、その場で帰らされる事態になってしまったのです。お客様の懐事情を先読みするのは営業の仕事ではない。対等な立場に立ち、あらゆる角度からお客様の採用成功に貢献できる最適なプランを考え、提案することが真の営業の仕事であると、その時気付かされました。
今でも、「お客様との立場は対等」であるために、人の気持ちに立ち過ぎて相手に迎合するようでは本当の信頼は勝ち取れないと私は思っています。ブレない芯を持ち続ける。営業として、そして1人の人間として大切なことを学んだ出来事でした。

QUESTION_04

今後の目標を教えてください。

目の前の仕事に全力で取り組む。

現在目指しているのは、ベイエリア営業部の独立。神奈川県でのオフィス独立を虎視眈々と狙っています。
もう1つはその延長線上ですが、組織のあり方を変えていくことです。理想の組織像の実現に向けて、私自身も様々な経験ができれば最高ですが、どんな目標を掲げても、結局今やるべきことに集中できるかが大切です。あまり堅くなりすぎず、目の前の仕事に没頭していきたいと思います。

PRIVATE_SHOT

プライベートでの過ごし方を教えてください。

プライベートでの過ごし方を教えてください。

「面白そう!」と思ったことは何でもしています。踊ったり、服を作ったり、イベントを考えたり、最近は音楽を作ることにも挑戦したり。特に「これ」というものは決めず、色々とチャレンジしています。