TAKUMISAKAMOTO

TAKUMISAKAMOTO

坂本拓生

  • type転職エージェント事業部 クライアントサービス局
  • 工学部
  • 2016年新卒入社
  • 転勤族の為地元の定義が難しい(しいて言うなら浦安)。
  • 大学時代はバンド活動に明け暮れる。

QUESTION_01

現在の仕事内容を教えてください。

新卒で入社後、企業の中途採用を支援する人材紹介事業にて法人営業として勤務。中でもIT/コンサル系の業界の企業を担当しており、入社4年目からはハイキャリア層の転職を専属で支援する業務にも携わっています。企業の採用ニーズに対して、【type転職エージェント】に登録されている求職者のマッチングに加え、ハイキャリアなポジションに関しては自分で求職者を探してくるヘッドハンティングも行っています。

QUESTION_02

ご自身の性格と、人生において
大切にしていること(信条・こだわり等)を教えてください。

「考えること」「面白くすること」が好き。

子どもの頃から与えられたことや人と同じことをこなすことがあまり好きではなく、ただの鬼ごっこにも自らルールを追加して遊んでいました。中学・高校の部活でも、自分でプレイするよりもチームの戦略を考えて試すことが楽しかったですね。社会人になってからも、会社から業務を与えられている感覚はなく、今までのやり方に常に疑問を持ち、面白くする方法を常に考えながら仕事をするのがとても楽しいです。CDCは「やりたい」ことに対して「No」とは言わず、何でもチャレンジさせてもらえる環境なので、試行錯誤しながら楽しく働けているなと感じています。

QUESTION_03

CDCで働く中で、夢中になったこと、
印象に残っているエピソードを教えてください。

チーム運営の難しさを痛感した入社3年目。

入社3年目の頃、部内の組織編成により、課長1人(チームのリーダー)に対してメンバーが20名以上というチームの中で、上から2番目の立場になった時のことです。自分自身がプレイヤーとして安定した実績を出すことはもちろん、部長や課長と連携しながら「このチームをどう運営していくのか」と試行錯誤していた日々がとても印象に残っています。
それまで自分の成績だけを考えていれば良かったのですが、チームとして色々な顧客に価値を出していく方法を考えなくてはならず、チーム運営にコミュニケーションが不可欠であること、失敗しても良いからまず試してみることがいかに大事なのかを学びました。
また、後輩との接点が増えていくなかで、一人一人CDCへの入社動機も仕事への想いも多種多様であることに気付きました。だからこそ、会社として大きな価値を発揮していくためには、一人一人が意義を感じて楽しんで働けることが重要だと実感しました。事業を運営する難しさを痛感し、個人としても自立しなければいけないタイミングで自分が一番伸びた瞬間なので記憶に残っています。

QUESTION_04

今後の目標を教えてください。

「誰かと達成する」ほうが楽しい。多くの人を巻き込める人間に。

組織としては、CDCではまだ注力しきれていない業界や職種の領域があるので、クライアントの幅広い要望により応えていけるよう、支援できる企業様の領域/職種を広げていきたいと思っています。
個人としては、社内外向けのアウトプットの量と質を上げていきたいです。自分1人でやるよりも、人と一緒に達成することの方が楽しく影響も大きいので、そういう意味でたくさんの人を巻き込めるようになっていきたいと思っています。

PRIVATE_SHOT

プライベートでの過ごし方を教えてください。

プライベートでの過ごし方を教えてください。

多趣味なので、音楽、楽器、料理、お酒、服、登山、テレビゲーム、ボードゲ-ム...好きなことをあげたらキリがないです。仕事含め毎日何でも楽しんでいます!