RISAKUMAZAWA

RISAKUMAZAWA

熊澤里紗

  • メディア制作局
  • 政策学部
  • 2017年新卒入社
  • 京都府出身
  • 中学までシンクロ、高校はラクロス、大学はダンスとH&Mのアルバイトに没頭

QUESTION_01

現在の仕事内容を教えてください。

2017年に新卒で入社して以来、転職サイト【type】【女の転職type】等に掲載する求人広告の制作を行うメディア制作局に所属しています。企業の取材から撮影・企画・ライティング・デザイン・効果分析まで一貫して担当。入社3年目の10月にチーフに昇進し、ディレクターとして社外のライターのディレクションも行いながら自身のクリエイティブ力向上にも励んでいます。

QUESTION_02

ご自身の性格と、人生において
大切にしていること(信条・こだわり等)を教えてください。

「自由」でいられることが、私らしさ。

1人っ子でB型、幼い頃から両親が共働きだったため、1人で過ごす時間も多く、常に「自由」だったと思います。また、母は元バックパッカー。堅苦しくあれこれと言われることもありませんでした。そんな奔放な環境で育ってきたためか、仕事でもプライベートでも、できる限り「自由」でいられる環境を求めていました。CDCは業務を事細かく指示されることもなく、むしろ自主性が重んじられる環境。もちろん仕事としてやるべきことや、個人や部としての目標はありますが、ゴールに向かって自分のペースで進められる環境は、私の性に合っていると思います。

QUESTION_03

CDCで働く中で、夢中になったこと、
印象に残っているエピソードを教えてください。

自分の成長を認めてくれた、表現に厳しいお客様。

入社後に最も大きな達成感を味わったのは、入社2年目の頃に、ある企業から成長を認めていただいた時です。
ようやく独り立ちをし、先輩のサポートを離れた入社1年目の終わり頃に担当したWeb系の制作会社でした。パンフレットやWebサイトなど様々な制作物を手掛ける会社だけあり、担当者もデザインやライティングについてはプロ。独り立ちしたとは言え広告制作の経験が浅かった私は、作成した原稿に対して担当者から「画像も文章も、クオリティが低い」と指摘されてしまいました。先輩にアドバイスをいただき何度も原稿案を作り直して提出。なんとか企業からOKをいただき、掲載にこぎつけることができました。
継続的に中途採用を行っている企業だったため、2ヶ月後、4ヶ月後も広告掲載の発注をいただき、その度に私が制作を担当。そして、はじめての掲載から4度目の掲載の時に、作成した原稿を提出。すると、「画像も文章も良くなったね」と一言。それまで辛口だったお客様からの、はじめての褒め言葉でした。企業に納得いただけるよう時間をかけて原稿を作成してきた分、とても嬉しかったのを覚えています。同時に、この仕事を楽しいと思った瞬間でもありました。

QUESTION_04

今後の目標を教えてください。

企画もデザインも、もっと極めたい。

直近の目標は、より企画性やデザイン性が問われる企業メッセージ(※)を作れるようになることです。
CDCメディア制作局の魅力は求人広告だけでなく、企業メッセージやパンフレットなど幅広い制作物を手掛けられることだと思います。企業メッセージの作成に欠かせないIllustratorの研修も始まったばかり。早く一人前になりたいです。
(※)完全フリーフォーマットのオリジナル広告ページ

PRIVATE_SHOT

プライベートでの過ごし方を教えてください。

プライベートでの過ごし方を教えてください。

友達とご飯を食べたり買い物したり…と、休日のほとんどを外で過ごしています。社会人になってはじめて東京に出てきたので、オシャレなカフェやレストラン、観光地などをたくさん巡りたいと思っています。